アパート経営における失敗とは?アパート経営というのは失敗がなく安定したものというのは本当なのでしょうか?

アパート経営というと、プロの不動産賃貸業の方からサラリーマンや他の業種のビジネスをされている方が、もしもの時のリスクヘッジのためや、さらなる収入の増加を目指して、あるいは年金制度の危機等がさけばれる中での将来への備えと色々な方がそれぞれの動機で参入されることだと思います。

アパート経営における失敗とは?アパート経営というのは失敗がなく安定したものというのは本当なのでしょうか?

比較的失敗のリスクのすくなそうなアパート経営ですが、果たしてそうなのでしょうか。また、その失敗の要因とはなんなのでしょうか。アパート経営はリスクが少なくて失敗の恐れの少ないものだというのは、日本の全国津々浦々で人口が増えて、家が足りなかった時代のことだと思います。

今となっては、人口の増加あるいは横ばいが見込める地域と言うのは都心部等ごく限られた地域になってきていますし、それもいつまで続くかはわかりません。地方では、たとえ地方都市であったとしても人口の減少傾向に歯止めがかかることはなく、空き家の増加というのが社会的な問題となっています。

こういった社会背景の変化がもたらすアパート経営への影響ははかりしれないものがあります。具体的には部屋が余ってくるのです。新築当初は、まだ集客力があるのですが、少し古くなったりしてくると途端に集客力が落ちます、借りてにとっての魅力が少なくなるということです。

もちろん、立地条件やその中身によって競争相手のいないようなものならば別ですが、なかなかそうはいきません。このような場合に対する手立てとして何があるかというと、家主側としては、しっかりメンテナンスをして、さらには家賃を下げることしかないというのが現状です。

金利が上昇してしまう可能性について

もちろん、リノベーションをして物件の価値を上げるというのもあると思いますが、投資した金額に比べてそれだけのリターンがあるかというとこれもまた難しいものがあります。家賃の値上げまで踏み込めるものは少ないと思います。つまり、アパート経営というのは、そのアパートを経営していく段階で先に行くほど儲からなくなる仕組みになってきています。

これらを踏まえて、決断しないと当初に行った多額の投資だけが負担となって残ってきてしまいます。もちろん、土地や建物といったものは手元にありますからそれを利用することはできると思います。しかし不動産というのは持っているだけで固定資産税や保険やメンテナンス費用といった出費がありますし、将来の状況の変化というのは、なかなか予想しきれるものではないですが、それゆえになおさら慎重な投資判断と覚悟が必要となってきます。

金利が上昇してしまう可能性について

土地物件を購入した際の金利が変動してしまったら

アパート経営をしたいと考えた時、土地や物件を購入される際に銀行とローン契約をしたという方もいらっしゃるでしょう。借り入れを行い、月々返済をしてくという方は実際に多いのです。アパート経営も軌道に乗ればスムーズに返済計画も遂行できるでしょう。

借り入れるということは、当然ながら「金利」がかかりますが、今回は金利変動という点を中心に考えていきましょう。

金利が上昇してしまう可能性について

やはり、借り入れた側からすると気になることは「金利の上昇」ではないでしょうか。借り入れた際の金利よりも高くなってしまうと負担が大きくなってしまいます。そのことに不安を抱く場合もあるかもしれません。しかし、現状を考えるとまず金利の上昇ということは考えにくいかと思います。

もし金利が上がってしまったら

万が一金利が上がってしまったと言う場合ですが、それは日本の経済状況が上昇傾向にあると受けて取れます。
ですから、家賃収入の利益幅を調整していただくことで充分に対応できるでしょう。
金利が上がるという事は、不動産としての価格そのものも上昇していると言えるのです。

アパート経営は金利のリスクに対応しやすい

アパート経営を投資としてみた場合においても、このような柔軟性を持っているので金利のリスクには強いといわれているのです。ですから、大きな心配を抱く必要は少ないのです。もちろん、気に掛けておくという事は重要ですので「イザと言う時の対応策」は考えておきましょう。

金利についてあらかじめ相談をしておくのもよい

中には固定金利などというものもありますし、変動があった場合についての説明などを借り入れの際に効いておくというのもまた有効的な手段といえるでしょう。